その他

  1. 月経を調節したい

ページ上へ↑

1)月経を調節したい

旅行や受験などがちょうど生理と重なるので、ずらしたい、という場合には、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のお薬の合剤(E+P)を服用(1錠)します。
飲み方は、予定月経開始日の7〜10日前から延期を希望する日までE+Pを内服します。内服終了後、3〜5日以内に消退出血(月経)がおこります。当院では、確実性の観点から10日前から内服するよう指導しております。
受診は、最後の月経が開始してから3週間以内においで下さい。「明日から生理がはじまる予定なので、延ばしてください。」というのは、飲む期間が短すぎるので無理があります。

長期に服用するのではないので副作用はほとんどない、と考えてよいですが、

  症状と疑問点 対応方法
1 飲み始めに吐き気がある 最初の2日くらいは1/2錠ずつ内服すれば落ち着いてくるでしょう
2 出血がおこってきた 完全な生理ならお薬の効果はありませんでした。少量の出血なら2錠に増加して服用を続けてみてください。
3 太るのでは? 太ることはまずありません。
4 飲み忘れました 困りましたネ。1日程度であれば、内服を続ければ生理は延ばせます。 2日以上飲み忘れると逆に生理が早く始まるかもしれません。
5 中学生の場合は? 中学生でも同じ飲み方になります。

ページ上へ↑

プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


Copyright(C) フィオーレ第一病院. All Rights Reserved.